最近、イベントのチケットなどで先行抽選分はクレカ支払いのみなどETCカードが必要な時が増えてきました。
現在、クレカを所持している方はいいのですが所持していない場合は各カード会社に申し込んで発行しなければいけません。
初めてカードを作る場合、気になるのが審査がどう行われているのか、基準は厳しいのかということです。
主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と他にローンを借りているかなどの信用情報です。
収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。
家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入がないのは同じですが、ETCカードを作る際などに大きな違いが出てきます。

職業欄に家事手伝いを記載した場合はほぼどのカード会社でも審査に通らないと考えていいと言われています。
逆に主婦の場合は、カード会社次第ですが審査に通ることがあります。
なぜかというと主婦の場合は養ってくれる夫の存在があるからです。
夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済もできるだろうとカード会社は判断できるためです。
作ってもあまり使わないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

ETCカードについて周りの人に話を聞くと勤務先に電話で在籍確認がきたという人ときていないという人がいます。
中には、カードを作る際に勤務先に確認をされたくない人もいると思います。
ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。
連絡の可能性が低いカード会社を見分ける目安としては、スピード審査を売り文句にしている会社です。
スピード審査の場合、申込者が多くすべての申し込みに対して、人力で全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。
そのため、電話が来る可能性が少ないとされています。

ネットで買い物をするのにETCカードがあると便利なので必需品化しているので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。
落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。
例えば、以前借りていたローンの返済が滞ってしまった、公共料金の支払いが遅れてしまうのが多いなどの場合です。
こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを使って買い物をした後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。
最近増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。
特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので期日に気をつけましょう。

長期休暇を利用して友達と車で旅行をする際に首都高をはじめとした高速道路を利用すると思います。
そんなときにあると非常に便利なのがETCカードです。
たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。
そんなときでもETCレーンなら比較的スムーズに進めます。
ETCカードを作るにはクレカを作る必要がありますので持っていないと言う方はクレカの申し込みから始めましょう。
参考ページ→ETCカード審査通らない?カード作るには?【審査落ちた理由】

買い物の支払い時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットショッピングなど利用する場面のどんどん増えてきているETCカードですが、新社会人の方など若者の中にはまだ持っていない人もいます。
最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、クレカ払いしかできない場合もあります。
クレカを持っていないとイベント参加を諦めてしまうことになりますがカード会社によっては即日発行できます。
例えば、イオンカードの場合ではWEBで申し込みをして審査結果がその日のうちにわかります。
審査に合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

ETCカードを申し込んだ時にカード発行会社は収入証明を提出していないのにどのように収入情報を見ているのでしょうか。
実は審査の時にチェックしているのは収入だけではないんです。
まぁ全国の会社の年収の平均を知っているはずがないので当然ですね。
そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと過去の利用者の中から申込者の働いている業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいもらっているだろうというデータがあり、そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収で評価が行われます。
乖離が大きい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

家電などの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしていますか?
多くの方はETCカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。
ETCカードで払う方が多いのではないでしょうか。
ただ、社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを作らないと利用ができません。
ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。
申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法や手軽にできるインターネットでの申し込みがあります。
申し込みでは年収などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。
カード審査の期間は即日出ることが多いですが実際にカードが手元に届くまではもう少し時間がかかります。

ETCカードを作りたいと思い調べてみるとカードを発行している会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。
特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。
プラチナカードやブラックカードという言葉をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。
自分から能動的に申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。
自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。
早くカードを作りたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでETCカードはとても便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。
申し込み時に重要なのは安定した収入があるかとクレヒスです。
学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。
そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。
最近、増えているのがほぼ全国民が持っている携帯料金の払い忘れです。
払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金が口座に料金代が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

ETCカードをまだ利用していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。
都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。
結果から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。
では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。
それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。
カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードでは年収が400万円以上の方向けと言うように条件が設定されています。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増えてきました。
その中にはETCカード払いのみ可能など現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。
そのため、ETCカードを作ろうとした時に審査通らないということがないように重要なポイントをチェックしておきましょう。
審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は問題ないかという部分です。
例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。
クレヒスについては支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど使う場面の増えてきたETCカードですが、社会人なりたての人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。
まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。
基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。
クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。
審査の際にカード会社はこの支払い情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。
住宅ローンを組むときなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

ローンやETCカードを申し込む際に大切なことって何かわかりますか?
年収を挙げる人もいれば、信用情報という人もいます。
場合によっては職業などの属性という人もいますね。
では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。
年収つまり収入は安定した収入が継続しているとわかれば借入できる金額や毎月の返済額がいくらくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。
職業などの部分も正規雇用なら安定した収入が見込める、収入が不安定なアルバイトなのかを見ています。
信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく払われているかを見ており、ちゃんと期日通りに支払いが行われるかを見ています。

ETCカードについて調査していると時折このような話を聞きます。
それは住宅ローンを抱えていてもクレカは作れるの?ということです。
そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関にデータが残るので完全に無関係とは言えません。
審査の面でも住宅ローンを問題なく返せていれば逆にプラスに捉えられることもあるくらいです。
問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。
見落としがちな原因は公共料金の払い忘れなどです。

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとしてETCカードを挙げる先輩社会人も多いです。
できることなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。
なぜかというと、早いうちから少額でもクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。
クレジットヒストリーがあるとローンを組む際の審査で有利になります。
逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。
クレカの支払いだけでなく電気料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

関連記事

    None Found