青汁を飲んでより健康的な生活を改めた気持ちです。父に感謝しています。

私たち夫婦はダイエットや健康を兼ねて毎日30分のジョギングをしています。最初は私の方がついていけなくて時間を短くしてそれに付き合ってもらって走っていました。5日位たつと段々ペースが分かってきて10分だったのが20分、20分だったのが30分と3週間たつと旦那さんのペースに追い付ける位に走れるようになりました。私は父と離れて暮らしているのですが、2週間に1回掃除をしに父の家へ行きます。そのとき冷蔵庫から飲み物を少し貰うのですが、冷蔵庫にストローで飲む青汁を見つけました。父に聞いてみるとコンビニで見つけて買ってきてみたらしく、ずっと続けているらしいのです。その時少しもらってきてみました。旦那さんとは夕食しか一緒に食べれないので毎回夕食に二人で飲むことにしました。1日ではよく分からなかったのですが、2週間続けるとお通じもよくなってむくみにくくなりました。

油分が多くて困っていた私の顔ニキビが2年で、完全になくなった方法。

私は思春期の頃、顔ニキビが大量に発生しました。特に多かったのはほっぺたのあたりで、十数個はありました。「周りのみんなはきれいなのにどうして、自分だけニキビができるんだ」と暗い気持ちになりました。そこで、原因を追究するために自分の生活を一回振り返ってみました。すると、ある重大なことを忘れていたのです。それは朝の洗顔です。朝は油分がたまりやすく、特に夏場は顔がベタベタでした。よって、朝に洗顔することを始めました。そして、洗顔の温度にも気を付けました。あまり熱いと、油分を落としてしまうと母親から聞いたので、35℃のお湯で洗うようにしました。最初は朝に洗顔するのはしんどかったですが、これらを行った結果、ニキビはほとんどなくなりました。ニキビをなくすには、ある程度の努力が必要だと感じた瞬間でした。

好きなものを食べて体幹を鍛えて、有酸素運動をして私は痩せました。

25歳位から全体的にポッチャリとしてきてしまいました。特に食事制限もせず、運動は気持ちが乗った時にしかやりませんでした。付き合っていた人も居たので体を見せるのは恥ずかしかったのでダイエットをしようと思いました。食事は食べたいものを我慢しないでごはんを雑炊に変えてみたり、お肉少な目の山盛り野菜炒めを作ってみたりして食べていました。一番飽きなくていいなと思ったのはお鍋一杯の味を変えた野菜スープでした。腹持ちも良くて味を変えれるので飽きずに続けられました。運動の方はジョギングが苦手なので、筋トレを中心にしていました。最初に体の中心を筋トレしてみました。テレビで体の中心を鍛えると全体の筋肉がついてくれるらしく、動きはキツいですがあっというまに全身が引き締まったような気がします。

どんな便秘薬もダメだった私を救ってくれたのは、強力わかもとだった!

私は小学生のころから便秘に悩まされてきました。母も同様なので、たぶん遺伝なのでしょう。いろんな便秘薬を試してみましたが、まったく効かないものや、効きすぎてタイヘンなことになってしまうものばかりで、どれもイマイチでした。ところが1ヶ月前、たまたま見ていたインターネットの掲示板で、「強力わかもと」がいい、という話題があって、すぐさまショッピングサイトで購入してみました。強力わかもとは乳酸菌や麹菌、ビール酵母で腸内環境を整え、自然治癒力をサポートしてくれるというのです。私のお腹に自然治癒力なんて残っているのかな、と半信半疑で飲み始めたら、翌日からお通じがすんなりあってビックリ!早速母とシェアして、スッキリな毎日を送っています。9錠を1日3回飲むのは正直たいへんですが、自然なお通じのためならなんのそのです!

アンチエイジングに効くポリフェノールたっぷりの月桃コスメで美魔女を目指す!

アンチエイジングには抗酸化作用、抗酸化作用といえばポリフェノール。ということで、ポリフェノールたっぷりの月桃コスメにハマっています。月桃は沖縄特産の植物で、赤ワインの30倍ものポリフェノールが入っているのですから、なんだか頼もしいですよね。月桃を使ったコスメは、化粧水や美容液、パックなどいろいろありますが、私は月桃蒸留水と月桃エッセンシャルオイルが気に入っています。蒸留水は手持ちのコスメに混ぜて使えますし、天然の芳香剤としても使えるので、1本持っておくと重宝します。エッセンシャルオイルは、スキンケアの仕上げに、蒸発防止のフタとして使うと効果的です。もちろんアロマに使ってもOKです。月桃コスメは、月桃独特の香りが気分をほっこりさせてくれる効果も。魅力がつまった月桃コスメで、美魔女を目指そうとひそかにたくらんでいます。